So-net無料ブログ作成

いきなり"Kew Gardens"(その4) [冒険の日々]

建築物的なハイライトは、多分、こちら。シノワズリな"Pagoda"。
写真に撮ると小っちゃく見え・・・ますね。(写真の構成力に難ありか。)
高さは163ft(nearly50m)と、ありました。 → 「 Pagoda & Pagoda Vista 」。
夏季限定で上れるようになっているらしいのですが、この時は生憎と鍵がかかっていました。

                   R0010296-10%.jpg

また、そこまで足を延ばせなかったけど、
この奥には日本庭園的なスポット「 Japanese Gateway 」なんかもあるようです。

ただしこのあたり、この時期(4~6月)の見所ではないみたい。
(入口でもらった地図にハイライトのマークがされていないため。)
確かに周囲には何も咲いていないし。(HPを見ると、水仙のシーズンがベスト???)

一応、一年を通じて、どこかしらがハイライトになるように造られている、
それが"Kew Gardens"。
(よって、観光でチラ見して、分かったような気になるのは危険ね。)

さて、もうそろそろ戻ろうかな、と思ったところで、
MAP上に気になる"Key attractions"を発見。
その名も、"Rhizotron and Xstrata Treetop Walkway"

                   R0010303-10%.jpg

旭山動物園 」で言う、「チンパンジーの森」的な遊び場のようにも見える。

            R0010304-10%.jpg
            R0010306-10%.jpg

子供向けのものなのかも、なんて、近づいていったら、
大人も上がれるようだ。せっかくなので上っておく。。

            R0010318-10%.jpg

 お!

                   R0010308-10%.jpg

さっきよりも、飛行機が近い!と、思ったら、

           R0010310-10%.jpg

 "dirty city air is cleaned by the leaves and bark of the London Plane."

それすらもアトラクションの一部のようでした・・・。
確かに、さっきから飛行機多いなとは思ってたんですよ。5分に1機くらいは飛んでますから・・・。
(ね?やっぱり、ヒースローは近いでしょ???)

まぁ、こういうシニカルなものは大好きなので、
一人でニマニマ笑ってみたりする、怪しい東洋人一名。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

Beechwood

私達夫婦も3日前にKew Gardenを訪問して、木の上の回廊を楽しんできました。 色々な謎掛けが書いてあって面白いですね。 かものはしさんがお書きになっている"dirty city air is cleaned by the leaves and bark of the London Plane."というもの、はじめは私達もわかりませんでした。 特に飛行機の絵なんかが書いてあるので混乱しますよね。 ただ少し調べてみてLondon Planeとは飛行機なんかではなくてプラタナスの一種でロンドンの公園などで最もみかける木であることを知って、納得しました。 

London Plane
Platanus x hispanica

This tree is widely planted in urban areas, often alongside roads. It thrives in areas where the air is dirty and is effective at soaking up airborne pollutants.
Of immediate note is the dappled bark. The tree is able to shed its bark, and in so doing, continually regenerates itself. As each olive-brown segment ages, it flakes off, exposing new, creamy-white bark below. This, in time, will turn first green, then brown.
London Planes flower in May, producing green catkin-like flower-heads, which are pollinated by the wind. The flower clusters hang down on long stalks, usually with one below the other. Fruits (know as ‘bobbles’) ripen over the winter, turning brown. Each fruiting bobble produces lots of tiny seeds, bearing hairs that aid dispersal by the wind.
The ‘x’ in the Latin name denotes that the tree is a hybrid – a cross between two types of tree: the oriental Plane and the American Plane.
It is widely planted in London parks, as the large leaves provide plenty of shade.
by Beechwood (2012-06-16 15:54) 

かものはし

Dear Beechwood
 コメントありがとうございます!
 え!!!飛行機ではなかったんですね???
 特に「London Planes flower in May・・・」ってところで、
 ようやく納得。誠にお恥ずかしい限り。
 (すみません、あれからまだ一向に英語は上達しておらず・・・。)
 色々とどうもすみませんでした。。
 で、イギリスはどうでしたか?楽しんでいただけたのならより幸いです。
 (少々排気ガスが酷いけれども。(苦笑))
by かものはし (2012-06-17 12:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。