So-net無料ブログ作成
検索選択

高次脳機能障がいについて(その2) [脳腫瘍のこと]

前回は高次脳機能障がいについての説明をほぼ、ざっくりとしました。

で、今回はですね。実は会う人、会う人に

 「(障がいについては)分かりました。でも、そんな障がいがあるようには見えませんね!」

とか言われちゃったりするんですよ。

 だって、普通に歩けるし、自転車だって乗れるし、
 例え、話しかけられても、失語症とはバレない自信もありますしね。(苦笑)

おそらくですが、普通に生活する程度のことでしたら、何でもできます。
ただ、身体的には何の異常もないのに、私は

 「高次脳機能障がい」の一人、だったりするんですよね。

まぁ、これについては普段から障害者手帳をピラピラ見せつけているわけでもないですし、
(ただ、誰かに見せてと言われた際に見せられるようには毎日持ち歩いていますです。)
とにかく、これはこれでよしとして。

で、ですね。

実は退院後、リハビリセンターに週1回だけですが、通っていたことがあります。
時期は2010年7月後半から2011年3月末まで。
参加したのはグループ訓練でして、そこでは主に
日本語文章能力検定」のテキストを使用しての日本語の勉強
それから、パズルのようなもの(数独とか、スケルトンとかですね。)をやり、
で、最後に物語を読み、その要旨をまとめる・・・といった作業を
繰り返し繰り返しやっていたように思います。

日本語文章能力検定5~7級過去問題集〈平成20・21年度版〉

日本語文章能力検定5~7級過去問題集〈平成20・21年度版〉


まぁ、そのなかで痙攣発作を起こしてしまい、仕事も無くしてしまったわけなんですが。(苦笑)

 でも、このリハビリはなんとなーくですけど、意味はあったんじゃないかと思います。

例えば、最初は暇だからという理由だけで参加していたわけなんですけど、
途中から、ふと、夢から覚めたような気分がしていて、
そこからは何でも意欲的に出来るようになったこともありました。

 一体、頭の中では何が起きているの?

って、私も正直不思議です。はい。でも、やっぱ、なんか不思議なんですよねぇ~。

(続く)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。