So-net無料ブログ作成
検索選択
冒険の日々 ブログトップ
前の10件 | -

検査の合間にちょこっと息抜き [冒険の日々]

検査のためにやってきた岐阜県美濃加茂市。
ここには中山道六十九次の第五十一番目の宿場町、太田宿がありました。
1年半前くらいに行った、

   ( リンク先参照 → 「 便乗して木曽路(その1) 」 )

より、もう少し、京都に近いほうです。

 → 「 街道てくてく ~中山道完全踏破~

「街道てくてく旅。」 中山道・甲州街道完全踏破

「街道てくてく旅。」 中山道・甲州街道完全踏破


で、このあたりは美濃路というのだそうです。。おぉ~。。そっか。
さらに、中山道の三大難所の一つが「木曽の桟(かけはし)」だったのならば、

   ( リンク先参照 → 「 便乗して木曽路(その2) 」 )

「太田の渡し(わたし)」もその一つなのだそうだ・・・。
あいにくとそこまで観光している余裕はなく、その手前くらいで帰ってきちゃってますが。
   IMG_0296-dd15%.jpg

今は太田橋という橋を渡るようになっているようです。
木曽川を渡ると、向こう岸は岐阜県可児市。

 kaientai1867さんのブログ → 「 世界の記述 (Description of the World)

            IMG_0308-d66.jpg
            IMG_0310-d66.jpg
            IMG_0307-d66.jpg

やっぱ、古い建物はいいな。。周辺の民家もこの宿場の保存に協力的に見えました。

            IMG_0298-d66.jpg
                  IMG_0312-10%.jpg

最寄の美濃太田駅は結構大きくて、
JR高山線・太多線と長良川鉄道越美南線の3線がこの駅に停車します。

             IMG_0319-10%.jpg
             IMG_0318-d66.jpg

ちなみに名古屋から特急ひだに乗ると、東海道線内は後ろを向いた状態で発車し、
おしりから駅に入る感じ)、で、岐阜駅に着き、高山線に入ると
今度は進行方向の正面を向いて進むよう初めからセットされています。(スイッチバック)
で、名古屋駅と富山駅はこの線で繋がっているんですよ~。

 個人的にはちょっと面白いです。

また、駅から中山道までの道のりには星座のオブジェが両側に。

 って、自分のだけしか撮れてないんですけど・・・。

                  IMG_0291-b119.jpg

 この日はあいにくの雨[雨]。分かったよ、もう、泣くなよ~って感じ。

さて。。


nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

창덕궁(昌徳宮)の軒下 [冒険の日々]

   R0012487-con15-15%.jpg

愛読書(って言っても図書館にあるんだけど。)

奇想遺産―世界のふしぎ建築物語

奇想遺産―世界のふしぎ建築物語

  • 作者: 鈴木 博之/藤森 照信/隈 研吾/松葉 一清/山盛 英司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/09/25
  • メディア: 単行本

に載っていたのですが、

 アジア建築の軒下ってのは人間の顔でいうと、目にあたるんじゃないかと。
 で、この部分がしっかり彩られ、目元が強いという印象を受けたのは韓国だ、

と、いったようなことが書いてあったので、それを確かめに行ってきました。
ここで簡単には比較できないけれど、

 日本人は一度作られた仏像を色が落ちたと塗り直そうとはしないし、
 (作られた当時の状態を出来るだけ維持したいという発想。)
 お茶碗も欠けのある、少しアンバランスなほうが大事にされる。
 (韓国では左右対称のものが好まれ、色が美しいものが多い。)

といった文化的背景をして保たれている五大古宮の一つ、それが「 昌徳宮 」。
私は日本のお寺も大好きだけど、
この角度のビチ~ッと揃いも揃った軒下を観ていたら、
ゾワゾワ~っと鳥肌が立ちそうになりました。

 すげー!(失礼!)

当然、色も細かいところまで丹青ね。
こういう目で来られると、思わず、こっちまでまつ毛パーマとかかけてみたくなる。。

               R0012478-con15-10%.jpg
                     R0012490-con15-10%.jpg 
               R0012519-con15-10%.jpg

こちらは、1997年、
Changdeokgung Palace Complex 」として世界遺産登録されています。

建物自体もそうですが、奥に広がる広大な、秘苑/"Secret Garden"が特に有名で、

   R0012520-10%.jpgR0012525-10%.jpg

その入口(↑)も何やら秘密めいて見えますかね?

金・Yさんによると、昔、すぐ近くに住んでいた頃は、
秘苑の近くにあった動物園に行くのに、中を通り抜けて行ったのに・・・ってな話でした。
(さすがに今はいくら地元の人でも、多分、無理なんじゃないでしょうかね。)

               R0012529-10%.jpg

有名どころでは、ここで『 宮廷女官チャングムの誓い 』のいくつかのシーンも撮影されたそうです。
(またしても、観てない・・・。私。。)

同敷地内にある「楽善斎」には、1989年まで英親王(第27代朝鮮王・純宗の弟)李垠の妃、
方子女王(この方は日本の皇族、梨本宮家のご出身。)が住んでいらっしゃったようだ。

   R0012547-10%.jpgR0012548-10%.jpg

丹青が施されていないのは第24代朝鮮王・憲宗の趣味。
ただし、ここ、元々は後宮(大奥、harem)用に建てられたところで、
宮廷内に新たに建設してまでこういうところを用意したのは、本当に異例のことだったそう。

◎参考図書等


nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ジャケ買い大成功!の巻 [冒険の日々]

さて。。今回、韓国ではほんと~にちょこっとしかCDショップに寄れませんでした。
以前、

   ( リンク先参照 → 「 LOVEHOLICというバンド 」)

にも書いたんですが、狙いはそこ、だったんですけどね・・・。1枚も買えず仕舞い・・・。
で、なんとか立ち寄れた「 永豊文庫 」で、そそくさとジャケ買いしたものはこの2枚!

            R0013040-10%.jpg

+「DAVICHI」!


ここ、すごく大きな本屋さんなんですが、CDはあんまし置いてなかった・・・。
(もしかすると、「 教保文庫 」のほうがあるかもしれませんね。。)

 でも、少ないうちから直感だけで選んだこのジャケ買い、どちらも当たり!でした。

左から順に、「 낭만유랑악단『노래/歌/Nangman Band Vol.1』

●낭만유랑악단/Nangman BAND「골목/路地/Alley,Golmok」

     

    もう、これはベスト!ジャケ買い大正解!!!
    日本で言うと、「 ROUND TABLE 」「 ビューティフルハミングバード 」「 BE THE VOICE 」「 羊毛とおはな 」が
    好きな方は絶対ハマりです!

    おまけにこのロケ地!!!どこ???行きたいです!ここ!
    この"Golmok"ってのが路地裏とかってことなんですけど。
    イメージは北京の胡同みたいな?(って行ったことはありませんが・・・。)

     kimjihoさんのブログより → 「 Seoul Golmok 」    

    この可愛い看板もあるのかなぁ?気になる!!!

●낭만유랑악단/Nangman BAND「Sunday morning(Maroon5)」

     

    良いねぇ~。このカバーも。。素敵すぎ☆!!!

HPはこちらです。

◎낭만유랑악단/Nangman BAND
 → http://nangmanband.com/

     ウカククケ~1.JPG

右のは、「 정엽/JungYup『Thinkin'back on me(Sinkin'back on memories)』
リンク先を読むと、「 브라운 아이드 소울/Brown Eyed Soul 」というバンドR&Bグループの
メンバーの方らしいですね。

●브라운 아이드 소울/Brown Eyed Soul「폭풍속의 주/The Lord In The Storm」

     

    しかも、この最初にメインで歌っておられるスキンヘッド・나얼/Naul氏は
    あのハン・ヘジンさんの彼氏だとか・・・。
    (私はどこまで『 フレンズ(프렌즈) 』絡みなんでしょう???)

●정엽/Jung Yup「You Are My Lady」

     

    個人的にはこのアルバムの1つ前の曲、「그대라는 말」っていう曲が結構好きです。
    ・・・てか、このアレンジは絶対「 冨田ラボ 」を意識してるはず!!!

Shipahead(DVD付)【初回生産限定】

Shipahead(DVD付)【初回生産限定】

  • アーティスト: 冨田ラボ
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2010/02/03
  • メディア: CD

    「Shipbuilding」「Shiplaunching」に続いて3rdアルバムは「Shipahead」!!!
    (今回は、安藤裕子ちゃんも参加してます。)

で、Jung Yupさんの記事を日本語で書いている方、発見!!!

 chikuzenさんのブログ → 「 - Addicted to Yoo -
 (※リンク先は該当カテゴリーへ。)

詳細は、是非こちらのchikuzenさんまで。
(・・・って、断りもなく勝手に紹介してしまい、すみません。)

と、諮らずも、K-POP、K-ROCKにも少しずつ思い入れを持ち始めています。。

それと、


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

영화나라(ヨンファナラ)跡地 [冒険の日々]

人気韓流ドラマのロケ地巡りは、今でも大変人気があるそうですね。
金・Yさんは韓国に帰国後、日本から来た客人を2回も
ナミソム/남이섬/南怡島 」へ連れて行ったという話をしてくれました。

私は、と言うと、そのドラマは観ていないので、
じゃあ、どこへ行くかと言えば(笑)
(もう、お察しいただいた方が多数おられるとは思いますが・・・。)
それは『 フレンズ(프렌즈) 』の中に出てくる映画館「영화나라(ヨンファナラ)」!

フレンズ ― メモリアル・ボックス [DVD]

フレンズ ― メモリアル・ボックス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD

何度もしつこいとお思いのそこのあなた!分かってます!
だけどさ、"bible"って、そういうものでしょ?みたいな。。

 そして、こんな私にお付き合いいただける殊勝な皆さま。감사합니다(カムサハムニダ)・・・。
 ありがとうございます!

まぁ、有り難いことに、このDVDには撮影ポイントMAPなるものがついているため
元々、大体のロケ地は観て回れる感じなのですが、
残念なのは、この一番行きたい「영화나라(ヨンファナラ)」。
既に無いってことなんです。(なんじゃそりゃ!!!)

 で・も、

ここは、ウォンビン扮するジフン(智勳)が映画を志すきっかけとなった映画館なんですね。
気になるでしょうよ、どうしても。
で、それとは知らず、たまたま「영화나라(ヨンファナラ)」があった新村・梨大近くの
ゲストハウスに滞在することと相成った私。

   ( リンク先参照 → 「 オエンハッピーハウスにて 」 )

これはさ、行けってことでしょう?と、跡地へ行ってみることにしました。(笑)
とは言え、さすがに今は存在しない映画館。案の定、地図には掲載されていないため、

 韓国旅行ガイド ソウルナビより → 「 週末オールナイト映画を見よう!

とか、
                    → 「 日韓合作ドラマ『friends』式ソウルの歩き方!

といった当時の記事を読んで、おおよその場所を特定し、
再び、ハングル文字の読める友人にお願いして、跡地には何があるのかを調べてもらって、
一人で行ってみましたよ~!!!

・・・で、ここが今の


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

チョコパイと映画と北朝鮮 [冒険の日々]

 チョコパイ、それは軍隊の味。

すいません。。。こんなん書いてて実は何にも知らないんですけど、
韓国映画やドラマに頻繁に登場するお菓子と言えば、
「チョコパイ」であることだけは確かかもしれません。

一番有名だと思われるのは、『JSA』。

JSA [DVD]

JSA [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東芝デジタルフロンティア
  • メディア: DVD

イ・ビョンホン氏扮する韓国の兵士がソン・ガンホ氏扮する北朝鮮の兵士に
男性陣なら見たいであろう本と共に差し入れたものとして印象的に描かれています。

 実際、韓国では兵役中に差し入れされることなども多く、自ずと思い出の味となるようですね。

他にも調べてみると、結構色々な作品に出てくるようです。

マラソン [DVD]

マラソン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD
おばあちゃんの家 [DVD]

おばあちゃんの家 [DVD]

  • 出版社/メーカー: クロックワークス
  • メディア: DVD
威風堂々な彼女 DVD-BOX 1

威風堂々な彼女 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD
威風堂々な彼女 DVD-BOX 2

威風堂々な彼女 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD
ありがとうございます DVD-BOXI

ありがとうございます DVD-BOXI

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD
ありがとうございます DVD-BOXII

ありがとうございます DVD-BOXII

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD

そもそも、このチョコパイ。歴史を少し紐解くと、
日本で、所謂、元祖・チョコパイが誕生したのは1958年のことだそうです。
1961年からは全国発売が開始された森永製菓の「 エンゼルパイ 」がそれ。


で、ロッテの「 チョコパイ 」は1983年発売開始。
個人的にはこっちのほうが食べる機会が多かったので馴染みがありますね。


さらに、この間にお隣、韓国のオリオンからは「 チョコパイ 」というネーミングの商品が1974年から発売開始。
(日本支社のHPによると「情」のCMシリーズは1989年から放映開始となっていました。)
こっちのほうがロッテのより、10年くらい早いんですよね。


によると、『JSA』に出てくるチョコパイはこれだと書いてありました。
そんなんで、

            R0012938-10%.jpg
    
思わず、出先のコンビニで購入しちゃいました・・・。値段忘れ・・・。何wだっけな?
お味の評判をgoogleで調べてみると、中身がクリームではなくマシュマロだそうなので、
エンゼルパイに近いのかな???でも、エンゼルパイってどんな味だっけ?

気になった私は・・・。

            R0012936-10%.jpg

買っちゃいましたよ、日本製・・・。(こちらは日本のスーパーで。)
もう、10年以上食べてなかったかも。
箱から出して、年代順に並べてみたり。(苦笑)

            R0012939-10%.jpg

で、一つずつ、左端から食べてみると、
エンゼルパイはまず形が違う。(円形の周囲がひらひら模様。)
で、オリオンのチョコパイがソフトケーキ状のものにマシュマロがサンドされているのに対し、
エンゼルパイはもう少し薄いものに(パッケージにはビスケットとあった。)
同じく、マシュマロがサンドされています。
(左:エンゼルパイ、右:オリオンのチョコパイ)

            R0012946-10%.jpg

こうして食べると、オリオンのチョコパイはふかふかだなぁ~。(マシュマロ部分も。)
ロッテのチョコパイはマシュマロじゃなくクリームがサンド。
(左:オリオンのチョコパイ、右:ロッテのチョコパイ)

            R0012948-10%.jpg

ふかふか具合はオリオンのと同じだけれど、ロッテのが一番甘い!
カロリーも1個当たり、エンゼルパイが140kcal、オリオンのが155kcal、ロッテのが163kcalです。
一応、オリオンの成分表だけ載せときますね。

            R0012950-10%.jpg

もちろん、韓国で買えるチョコパイはこれだけじゃありません。


楽天ではこの2つくらいしか出てこなかったけど。)
今や色々なメーカーで作られていて、それぞれ味も違うようです。

 ちなみに、今、韓国でチョコパイを商標登録しているのはオリオンとロッテがほとんどかな。
  → http://www.kipris.or.kr/kor/main/main.jsp(※英字検索もできます。)
 日本だと、フルタ製菓とかもしているようです。
  → http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl
 
 両国とも、「チョコパイ」という名称だけでは登録できなかったようですね。。
 (それで「情」シリーズなのかな・・・。登録商標には「愛」って書いてあるのもありました。)

で、前述の『JSA』の中で、北朝鮮の兵士(ソン・ガンホ氏)が

 「俺の夢は祖国で作られたもっと旨いチョコパイを食べることだ!」

と、いったニュアンスの発言をする場面があるんですが、
10年後の今の状況は、

                  R0012944-10%.jpg

哀しいことに、国境近くにある北朝鮮「 開城(개성)市 」の南北共同工業団地内で、
おやつに配られるチョコパイを食べずに横流し・現金化することが横行しているそうです。

 あの兵士の夢・・・。いつ頃、叶うんでしょうね・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]


 MSN産経ニュースより → 「 【週刊韓(カラ)から】北朝鮮で消えるチョコパイ、どこに?
タグ:韓国
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トイレのお話 [冒険の日々]

再び、公開するのに少し工夫が必要だと思われる話。。

以下、今回は旅先でのトイレの話について、書きますね。
前回とは違い、なんていうか、読むタイミングにご注意を!みたいな感じです。
私は割と、そういうデリカシーに欠けるのか、結構平気なんですけどね。

 ご飯食べつつ、手術映像見るのも平気、みたいな。

 (ただ、今回は個人的に女として、少し恥ずかしい話・・・。)

ので、例によってここで、嫌だなと思われた方は、
念のため、

 http://duckbill.blog.so-net.ne.jp

を、click!して、以下が表示されないように回避願います。
トップページのみの表示であれば、追記部分って表示されないので。
(前回、しっかり実証済み。)

   ( リンク先参照 → 「 女性の生理とかそんなあたりのお話 」 )
   ※あ、こちらをclick!しちゃうと全文見えちゃいますからご注意ください!

で、携帯からご覧いただいている方は、やっぱりここでおしまいです!!!
以下は、既に見えちゃってますからね・・・。随分と。。

 では・・・。

 準備は良いですかね???

 一応、今回もこうして初めにお断りをしたので、
 以下はご自分の責任の範囲でお読みくださいませ。

 お願いします。



 では再び。

 参ります。



・・・続きを読む


タグ:韓国
nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

女性の生理とかそんなあたりのお話 [冒険の日々]

うーん。。どういう形でまとめようかと思いましたが・・・。

以下、旅先での女性の生理等の話について、書いちゃおうかと思います。

 そんなん、書かなきゃいいじゃん?って方もいれば、
 (私みたいに)知っておきたいって方もいらっしゃると思うんで。。

 それは全く、男女に関係なくね。。

ので、たとえばここで、嫌だなと思われた方は、
念のため、

 http://duckbill.blog.so-net.ne.jp

を、click!して、以下が表示されないように回避願います。
トップページのみの表示であれば、追記部分って表示されないはずですからね。
携帯からご覧いただいている方は、ここでおしまい!!!
以下は、既に見えちゃってますから・・・。ちびっとね。。

 では・・・。

 準備は良いですかね???

 一応、初めにお断りをしたので、
 以下はご自分の責任の範囲でお読みくださいね。

 お願いしますよ。



 それでは。

 参ります。



・・・続きを読む


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オエンハッピーハウスにて [冒険の日々]

今回お世話になったところは、「 オエンハッピーハウス 」というゲストハウス。
오엔해피하우스/"Oh-en Happy House"と書きます。
(※漢字表記についてはごめんなさい。分からなかった。)

                  R0012433-10%.jpg

オーナーの徐・Yさんは日本に留学経験もあり、日本語が話せます。
しかも、すごーくお綺麗な方。お話をされるときとかも品があってね。。

                  R0012458-10%.jpg

建物内部は韓国のごく一般的な家庭の造りになっているそうで
大体こういう感じのところに住まれている方が多いんだそうです。

 伝統家屋は素敵だけど住みにくいし、マンションは便利だけど味気ないし。
 だから、ちょうどその間くらいの感じですね、

ということです。3泊させていただいたお部屋の調度品。

            R0012648-10%.jpg
 R0012652-10%.jpgR0012656-10%.jpg
            R0012650-10%.jpg
            R0012651-10%.jpg

特にこのカーテンがさ・・・。(多分、カーテンとは言わないよね。)
朝、起きると、布越しに光が入ってきて、施された刺繍の模様が綺麗に浮かぶのよ・・・。
(思い出すだけで、うっとり[黒ハート]。)

 短期間でも韓国の普通の暮らしの雰囲気を味わいたいという方には
 本当、オススメなゲストハウスです。(次も一人なら、またこちらでお世話になる予定。)
 ※ただし残念ながら、男性のみで宿泊することはできませんので悪しからず。

もちろん、「 オンドル 」完備。(それが目当てで来ているんですけれども。)

 で、行ってみると、なんと、今回の宿泊者は私一人!!!

しかも、数日前にご自宅用のボイラーが壊れてしまったそうで
ゲストハウスの空いている部屋にご家族が夜、寝ているという、
限りなくホームステイに近い感覚まで味わえることに!?
(ってことは、たまたま一人なのか、そうせざるを得なかったのか?は微妙なところ。)

 ・・・でも、かえって良かったです。おかげで可愛いお子さんたちにも会えましたしね。
 (みんな、日本語は話せないけど、英語はできるっぽい。小さい子も勉強してました・・・。汗)

先にも少し書かせていただきましたが、めっちゃくちゃ寒かったSeoulの冬。
(今年は特に、だそうですけれども。。)
でも、今、このオンドルの部屋のことを思うと、途端にふぅーっと身体が緩まる気がする。

本当にもう、何とも、ものすごーく心地が良くて、
初日は思わず、そのまま床で眠ってしまいそうになったほどです。
これだけは是非、日本にも取り入れたい!ってか世界中こうなって欲しい!!!
(もし、いつか家を建てることがあったらば、絶対ここだけは譲れないかも!Must 床暖房!) 

 帰国後、私は「日本、暑い。」とかって書いたんだけれども、
 空港から、スーツケースをガラガラ引いて、到着した部屋は随分冷えていて、
 寒くて寒くて仕方がなかったんでした。

主に室内にいることだけを想定すれば、おそらく、東京のほうが寒いに違いないです。
(床暖房がある部屋を除く。。)

お布団もまた、綺麗なんだわ~。

                  R0012450-10%.jpg

 ハ~。。。[ハートたち(複数ハート)]

当然、床に直接敷いて寝るわけですが、日本だと冬にこのお布団だけでは少々寒そう。。
でも、オンドル部屋なら、大丈夫!本当、괜찮아요(ケンチャナヨ)!でした。

ところで・・・。


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

近くて遠い(?)国 [冒険の日々]

・・・と、いうことで、初・韓国へ行ってきました。
正式名称:大韓民国/대한민국/大韓民國/"Republic of Korea".

 しかも、実は初・アジア圏なんです、私。。(※香港でのTRANSITは除く。)

本当にまぁ、海外渡航経験が少ないもので・・・。えぇ・・。
で!!!そんなんなんで、私は行く直前まで全く知らなかったのだ!

 韓国と日本に時差はない。

笑われたってしょうがない・・・。
そんなん、自明の理だよとかって言われたって、私は知らなかったのだ。
だって昨年、欧州方面へ行ったときだって、

London(GMT±0)からBrusselsへ移動したときに(GMT+1)ってなったし、
(あのときだって、「 eurostar 」で2時間ちょっと移動しただけだ。)

そんなことをいうと、TRANSIT先の香港だって(GMT+8)、
(念のため、日本は(GMT+9)です。)もっと言うと、Saipanだって(GMT+10)、だった。。
(ここはパッと見、同じくらいの経度じゃない???)

もう一回書くと、

 韓国と日本に時差はない。以上。

本当に知らなかったんです・・・。
というか、近くて遠い、と言われる国、韓国のことはぶっちゃけ知らないことばかりである。。

 そもそも。。

韓国へ行くことにしたきっかけは、ウォンビンが・・・じゃなくて(苦笑)
職場内で交流のあった金・Yさんが、
(※ここでご本人のフルネームは書けないので、敢えて、こうしました。)
昨年夏に韓国へ帰国されることになった際に、

 私、一度、韓国に行ってみたいんですよね~。

と、伝えたところ、

 では、duckbillさんがこちらに来ることは決まったことですので、
 日程がわかったら連絡ください。私が案内します。

と、非常に前向きなお返事をいただいた。。

で、そうまで言ってくださっているのに、
行けそうなのにいつまでも行かないのは失礼な気がして、
今年の年始ならばと思い切った次第です。

元々、金・Yさんとは仕事絡みで連絡を取り続ける必要があって、
今回はそのあたりのことも確認しつつ、観光もしちゃおうと。。

 いや、観光99.5%、仕事0.5%か。。
 大体にして、仕事の連絡事項はメールで済むんだから。。
 99.9% : 0.1%でもいいくらいだ・・・。
 (ので、ちゃんと休暇を取り、自費で行ってます。当たり前だけど。)

と、いった経緯が前提にあったんです。
で、だったら、行く前に少しでもいいから、韓国語に慣れておこうと思っていたら、
時期も時期で「韓流フォーカード」のCMが流れてて・・・とか、

   ( リンク先参照 → 「 韓流フォーカード 」 )

(ソウル駅が舞台ってのにピンと来ました。)

年末テレビで韓国・釜山でも撮影されたという『HERO』がやってたり・・・とか、


(この映画で「 チョングッチャン 」が気になった人は多いはずだ。私もその一人。)

そうだ!!!と、思い出して、久しぶりに観た『フレンズ』に大ハマリ。。

フレンズ ― メモリアル・ボックス [DVD]

フレンズ ― メモリアル・ボックス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD

(最後はウォンビンのDVD-BOXまで買ってしまった・・・。)とか。。

 こういうの、なんていうの?ミイラ取りがミイラになったってこういうときにも使えるの???
 (それは韓流ドラマに失礼ね・・・。どうもすみません。。)

で、今、帰国して素直に思う。。

 少なくとも、もう数回は行ってみたい。。
 ってか、もうちょっと(今でも十分すぎるくらいだろうけれども)気軽に頻繁に行き来したい。。

そのためには話す言葉のこともそうだし、文化についてももっと学ぶ必要があるよなぁ~と。

 近くて近い国。。

歴史を軽んじるつもりなど更々ないけれど、両国がお互いにそう感じられるようになる日が
早くやってくればいいなと思う。

記録的な大雪の中、案外、さくっと馴染んで帰ってこれたのは、
そういう思いも大きかったからかもしれない。(もちろん、あとは金・Yさんの存在ね!)


道中、気温は-13℃~+1,2℃。。でも、2日もいれば慣れるもので・・・。凄いね、人間って。

◎後日追記


タグ:韓国
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪国の知恵 [冒険の日々]

まずはこちらの風物詩でもある「雪吊り」。

 R0012342-10%.jpgR0012344-10%.jpg
 R0012345-10%.jpgR0012346-10%.jpg

「雪吊り」で有名なところと言えば、金沢の「 兼六園 」?
Wikiによればこの形、元々は実ったりんごの重さから枝を守るために行った
「りんご吊り」の形から来ているんだそうです。

 雪が降らない地方にある雪吊りは美観が目的のものだそう。。
 (平野部の観光客目線だとそんな感じよね。)

でも、こっちに来てみればなるほどね・・・、と、思わず納得。。

親戚の家にはそんなに大きな木がなかったので、
この「雪吊り」はやっていませんでしたが、ちょっと触れただけで上からドサーッと落ちてきます。。
雪かきのお手伝いしていたときに、思わず、ヨタヨタとぶつかってしまったら、
もう、素敵にたんまりかぶりましたよ、私。

で、この時、案外[雪]冷たくないもんなんだなって、ふと、思ったりもしました。
(こう、関東の雪よりずっと、なんか良い感じのような気がする。)

 R0012332-10%.jpgR0012335-10%.jpg

しかし、見た目はまるでいつぞやの樹氷のようです。。

   ( リンク先参照 → 「 再び雪山へ(その1) 」 )

まぁ、ともかく、それほどの大きさではないからだわよね。
大きい木は最初から「雪吊り」をして、重みで自然に落ちるようにしとかないと
枝も折れるし、やっぱ、危ないんだろうな、と思う。

それから「融雪装置」。
一人、これに衝撃を受ける!だって、冬の路面に水を撒くなんて!!!

 R0012347-10%.jpgR0012341-paint-10%.jpg
            R0012340-10%.jpg

でも、気温が氷点下まで下がらなければ、積る雪は融かしてしまえば雨と一緒[雨]
もちろん、雪が降っている間はある程度水を撒き続けなければならないんだけど、

 ちょっと、あーた。。

スプリンクラーって、グラウンドが埃っぽい日に以外にこんな使い方があるんですね。。
知らなかった・・・。

と、最後は、駐車中の車のワイパーを上げるとかかな・・・。
(直右上の写真がそう。)まるで、ありんこの触覚みたいですね。
調べてみると、これもスタッドレスタイヤと同じように、普通のワイパーとは違うんだそうです。

 本当、雪国の知恵ですねぇ~。

どうか皆さん、大事がないようご無事にお過ごしくださいませ。。

 そう言えば、同じ職場に北陸から家族で出向してきている方がいらっしゃるんですが、
 お正月は都内で過ごすことになったところにこの大雪ですよ・・・。
 ご自宅の雪おろし等をやってくれる方が誰もいないそうなので、
 今頃どうなっているのかとかなり心配されてました。

 (冗談だとは思いますが、「屋根、抜けてんと良いなぁ~。」だって・・・。[がく~(落胆した顔)]
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 冒険の日々 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。